水泳

運動による痩身

水泳

水泳は有酸素運動で、マラソンと違って水中で行うので、運動量は同じでも自分の体にかかる負担を少なくし、身体を痛めている人でも行える運動です。

水泳は全身の筋肉を使用するので、カロリーの消費量も高く、痩身効果も十分期待できます。水泳の利点は、全身の痩身が可能なことで、二も腕などの上半身を痩身したい人も、太ももなどの下半身を痩身したい人にも効果があります。

また、泳ぐ事が出来ない人も、水中で歩いたり、エアロビクスを行うなどで、水中で動く分カロリーを消費することが出来ます。水泳での痩身効果は、全身の筋肉を引き締めますが、特に、技術は必要なく、早く泳いだりする必要もありません。

有酸素運動は少ない負荷で、長時間を続ける事で、脂肪を燃焼していくので、自分の出来る泳ぎをゆっくり続けていればいいのです。ペースを崩さずに継続して行う事で、引きしまった全身が作られます。水中に入るだけで水圧がかかるので、水中をあるくだけでも血管が圧迫されて収縮し、流れの悪くなった血事で、心臓が強く働くので結果として血液の循環が良くなります。

全身を痩身したい場合は、クロールや平泳ぎを30分以上行うのがいいでしょう。この時、特にスピードは必要ありませんが、休憩せずに行うとより効果的です。特に下半身の痩身は、陸上の運動では行いにくいので水泳は最も効果的な下半身の痩身運動と言えるでしょう。水中をウォーキングする事は、太ももやふくらはぎの痩身に効果が高いです。

Copyright (C) 痩身専科 All Rights Reserved