筋力トレーニング

運動による痩身

筋力トレーニング

痩身で重要な事は、脂肪を燃焼する事ですが、脂肪を燃焼する為には、基礎となる筋肉をつける必要があります。筋肉トレーニングを行うと、効率的に筋肉をつけたい場所に、筋肉を付ける事ができるので、基礎代謝を上げる事が出来ます。

筋肉トレーニングは無酸素運動に分類され、瞬間的な負荷が大きい運動なので、有酸素運動に比べてきついものが多いです。ただ、筋肉トレーニングで付けた筋肉は、基礎代謝を上げるので、日常生活で脂肪を燃焼し、リバウンドが起こりにくい体を作る事に繋がります。

基礎筋肉がしっかりついていると、寝ている間にも脂肪を燃焼し、有酸素運動の効果も上がります。筋力トレーニングを行っておらず、筋肉がなくて基礎代謝が少ないと、有酸素運動を行っても、痩身効果が思うように得られません。

筋肉トレーニングは、体重の数値による変化があまりないかもしれませんが、筋肉がついて余分な脂肪が落ちて身体が引き締まるので、痩身効果は十分あります。

体重の変化は本人が気にしている程周りは気付いていない事が多く、体重に変化がなくても、筋肉がついて引き締まった体の変化には気づく事が多いです。

筋肉トレーニングは負荷の大きさや回数によって、どのような筋肉がつくかが決まります。基本の筋肉トレーニングは、腕立て伏せや腹筋、スクワットなどがあります。これらの基本的な筋力トレーニングは、自宅で気軽に行え、スペースも必要としません。

Copyright (C) 痩身専科 All Rights Reserved