運動痩身の注意点とコツ

運動による痩身

運動痩身の注意点とコツ

運動で痩身を行うポイントは、有酸素運動を取り入れ筋肉をつけることです。基本的には、ウォーキングやジョギング、また水泳などの有酸素運動は、週に3回以上は行い、1週間で700~800kcalを消費するように行うと、健康的な痩身として望ましいとされています。

特に、下半身など痩せにくいとされる部分の痩身を行う場合、筋肉をある程度付けて、脂肪の燃焼率が高くなるようにするといいでしょう。ただ、筋力をつける運動は、有酸素運動ではなく、無酸素運動なので有酸素運動だけでは効果的に痩身出来ないことは、知っておきましょう。

運動で痩身する際のコツは、楽しみながら運動する事です。楽しめなったり、負荷の大きすぎる運動は、長続きせずにストレスをためる事になってしまいます。毎日行う事が難しいとしても、週3日以上は体を動かすようにし、効果が消えないよう継続しておこなうことが大切です。

どのような運動であっても、継続して行うことで、脂肪が燃焼されやすい身体を作る事に繋がります。そして、運動による痩身のコツは、大きな目標を始めからたてない事です。目標を高く持つ事は重要ですが、現実的に不可能は目票を建ててしまうと、目標が達成できずモチベーションが下がってしまいます。

運動で痩身する際の注意点は、空腹時や食後に運動しない事です。また、寒い場所での急な運動や、激しい運動は控えましょう。寒い状況で運動すると冷えた血液が心臓に入り、運動の負担と冷たい血液の負担が加わり、心臓に大きな負担になるので注意しましょう。

Copyright (C) 痩身専科 All Rights Reserved