ウォーキングとジョギング

運動による痩身

ウォーキングとジョギング

ウォーキングとジョギングでは、基本的に消費エネルギーは体重と移動距離の比例なので、上下運動も加わるジョギングの方が痩身効果は高いと言えます。

有酸素運動が痩身効果に効果的であると言われるのは、脂肪を多く燃焼するだけでなく、無酸素運動に比べて長時間続けられるという事が言えます。運動経験があまりない人や、中高年の場合、いきなり長時間の運動を続ける事ができず、すぐにやめてしまうような運動では、痩身効果が現れません。

無理なく継続して行う事が、痩身においては重要なので、強度や負荷は少なくても、ウォーキングをしたほうが、長時間続けられれるので痩身効果があります。ウォーキングとジョギングを行うと、単に脂肪が燃えて痩身効果を得られるだけでなく、心臓や筋力が強化され健康面でも効果を期待できます。

ウォーキングを行う時間がないという人でも、普段の生活で20分を早歩きで歩くといった自然な運動でも、毎日継続して行えば痩身効果は期待できます。

ジョギングは、負荷が強すぎで中高年以上の場合足腰を痛めたり、疲労がたまって身体に逆効果になってしまう事もあります。ウォーキングでも、十分な効果が得られますし、体力に自身のある人でも、ジョギングよりも長期間続けられることで、大きな痩身効果は期待できなくても、少しづつ効果が現れます。

ウォーキングを行う場合は、少し息がはずむ速さが丁度いいとされるので、散歩よりは早めの速度で行いましょう。

Copyright (C) 痩身専科 All Rights Reserved