糖質と脂肪を抑える

食事による痩身

糖質と脂肪を抑える

脂身の多い肉や、油料理で余分に摂取されたエネルギーは、体脂肪として合成されてしまいます。ただし、脂質も身体の栄養に必要な成分なので、完全に摂取しないのではなく、摂りすぎないように注意する事が大切です。

糖分は、脳の栄養源として重要な栄養素ですが、糖分の摂りすぎも、身体にはよくありません。これは、インシュリンというすい臓で分泌されるホルモンが、食事によって血中に増えた糖質を体脂肪に合成して、血糖値を一定に保とうとする働きに影響されています。

インシュリンは、体脂肪の分解を阻害するので、糖質を摂りすぎた場合、体脂肪が作られて分解が阻害されるので、体脂肪が蓄積し肥満の原因になります。

糖質は砂糖を使った菓子類や、果物に含まれる果糖に多くふくまれています。他にも、ごはんやパン、イモ類などには糖質が多く含まれています。これらは、でんぷん質が多く含まれており、でんぷんは体内で糖質に分解されます。

この為、お菓子を食べていなくても、デンプン質を多く摂取していると、糖質の摂りすぎになり、体脂肪が作られてしまいます。 ただ、ご飯やパンといった主食をいっさい食べない事は、栄養に偏りが生じます。

また、ご飯やパンに含まれているデンプンが、糖質変化しても吸収される事の少ない良質な糖質なので、主食を制限するのではなく、砂糖や果糖を制限するようにしましょう。

Copyright (C) 痩身専科 All Rights Reserved