低カロリー高栄養

食事による痩身

低カロリー高栄養

ダイエット中の食事制限は、何のメリットもないので行わない方がいいですが、出来れば食事は、高栄養で低カロリーのであった方がいいでしょう。高栄養で低カロリーの食品は、野菜や蕎麦、また豆乳や納豆などの大豆製品です。

これらは、ミネラルやビタミンの他に、タンパク質も豊富に含んでいるので、痩身中の食事には最適とされています。

逆に、ハンバーガーなどのジャンクフードは、低栄養で高カロリーな食品であり、多く食べても栄養を補充されず、脂肪だけが蓄積してしまいます。痩身を意識的に行っていると、自然と食べる量が少なくなる人が多いと思いますが、量が少なくなる分、栄養は高いものを食べるようにしましょう。

調理の方法が多く味に飽きがこない事を考えると、ささみは肉類でもっとも低カロリーで高タンパクの食品です。食事は、肉よりも、魚や卵などの動物性タンパクか、大豆や大豆加工品をメインに取り入れるようにします。

肉を食べる場合も、牛肉や豚肉の場合は、低脂肪で高タンパクなモモ肉やヒレ肉にして、バラ肉や脂身は、なるべく避けます。ただし、あまり我慢の多い食事は、ストレスになって破綻しやすくなるので、たまには好きな肉も食べて、翌日は多めに運動するようにするなそ、工夫しましょう。

また、副際にはこんにゃくが適しており、こんにゃくは、ほとんどカロリーがなく、食物繊維は多いので便通を促し、脂肪分を外に排出する効果もある優れたダイエット食品です。ただ、こんにゃくだけでは栄養に偏りが生じるので、バランスよく取り入れましょう。

Copyright (C) 痩身専科 All Rights Reserved