痩身のための食事制限

食事による痩身

痩身のための食事制限

痩身を志す人にとって、食事制限は最も多く行われている方法ではないでしょうか。痩せるために食事は我慢するものであると、特に若い世代には認識されているようです。

食べなければ、当然痩せますが、後々リバウンドや痩せにくい身体をつくり、健康を害する事にります。一時的には、食事は我慢できるでしょうが、一生食事を行わない訳にはいかないので、いつか食事制限のみの痩身方法は、破綻する事になります。

食事は、体をつくり生きていく上で欠かす事の出来ないものです。極端な食事制限は、大きなリバウンドを引き起こし、リバウンドを起こさない場合、拒食症となって命の危険が出てきます。単に食事制限だけの痩身では、一時的に体重が減っても体脂肪は落ちずに、筋肉だけが落ちてしまい、太りやすい体質をつくり、体力もなくなってしまいます。

リバウンドが太りやすく、痩せにくいのはこの為で、生きていく上で必要な食事を制限するのではなく、食事で摂取したカロリーを運動で消費する事が、正しい痩身方法です。食事制限は、大きなストレスになります。ストレスは、食欲中枢をマヒさせ正常な食欲がコントロールできなくなっていきます。このような状態が続くと、過食症や拒食症になってしまい、大変危険です。

普段あまり動かない人は、食事も少量でいいでしょうが、痩身の為運動も行っている人は、栄養不足で倒れてしまう事になり、また脂肪の燃焼を助ける栄養が少なくて、運動してもなかなか痩せないという結果になってしまいます。

Copyright (C) 痩身専科 All Rights Reserved