腹式呼吸

生活習慣による痩身

腹式呼吸

腹式呼吸は、横隔膜呼吸とも言います。これは、横隔膜を上下に動かして行う呼吸法である為で、横隔膜とは肺の下にある筋肉の膜の事です。

横隔膜は、ドーム状に内臓を覆って保護する働きがあります。胸式呼吸の場合、胸の肋間筋を使用して呼吸する方法で、意識していない通常の呼吸は胸式呼吸です。

腹式呼吸を行うには、お腹をふくらませて鼻から息を吸い、肺を膨らまして横隔膜を下げます。吐く時には、お腹をへこませ口から息を吐き出します。この時、肺は縮むので、横隔膜が上がります。呼吸によって横隔膜が上下に動くと、大胸筋が鍛えられて基礎代謝が高まり痩身効果が得られると言われています。

息を吸って横隔膜がさがると、横隔膜が覆っている内臓も下に下がる事になります。この時、骨盤が邪魔して内臓はそれ以上下に下がれず、体内を居場所を探して動きまわるので、内臓が刺激をされて血行が改善されて、便秘うあ冷え症の改善になります。

また、腹式呼吸は、腹筋を使う呼吸法なので、腹筋が鍛えられて腹まわりの痩身効果も期待できます。腹式呼吸は胸式呼吸に比べて、多くの酸素を取り入れる事ができ、呼吸するだけで有酸素運動の代わりにもなります。

体内に酸素が多く取り込まれると、体脂肪が燃焼されて痩身効果を得る事が出来ます。酸素が補給される事で、脳の機能も促進されます。腹式呼吸は全くズペースや道具を使用としない痩身方法で、自然に腹式呼吸ができるようにしましょう。

Copyright (C) 痩身専科 All Rights Reserved