睡眠

生活習慣による痩身

睡眠

痩身に関係なく寝不足の状態では集中力が低下し、意欲がわかなくなってしまいます。すると、痩身を続ける気力もなくなってしまいます。

また、睡眠時に分泌される成長ホルモンは、痩身を行う上で非常に重要な役割を行います。成長ホルモンは、睡眠時のノンレム睡眠の状態で多く分泌され、骨のや筋肉の発達を促して、体を作るのに必要なホルモンです。

成長ホルモンは、代謝機能の促進や免疫力を高める働きもあります。睡眠を十分に摂らないと、成長ホルモンが分泌されず代謝機能が落ちてしまいます。痩身を志す場合は、十分に睡眠を取って、成長ホルモンを分泌させる事が大事になってきます。

寝不足は肌のトラブルのもとになるとよく言われますが、これは成長ホルモンが関係していて、成長ホルモンの分泌されないと、肌の代謝機能も低下し傷ついたり老化した肌が再生されなくなってしまうのです。寝ていても十分に疲れが取れなかったり、寝付きいが悪い場合や、眠りが浅いと睡眠が不十分で成長ホルモンが充分分泌されません。

成人の理想的な睡眠時間は8時間と言われており、絶対に8時間の睡眠をとる必要はありませんが、4時間程度では睡眠時間が不十分であると言えます。脂肪分解ホルモンとも言える成長ホルモンは、十分な睡眠によって分泌されるので、たっぷり睡眠を取って痩身効果を高めましょう。

また、睡眠が不足すると食欲を抑制するホルモンが異常を起こし、食欲を抑えられなくなって、痩身効果を下げてしまいます。

Copyright (C) 痩身専科 All Rights Reserved