体型のタイプ

痩身の基礎知識

体型のタイプ

痩身とは体重を減らす事ではなく、体脂肪を減らすことです。体脂肪の付き方は人によってタイプがあり、内臓脂肪型と皮下脂肪型の2つに分ける事が出来ます。

内臓脂肪型と皮下脂肪型は果物の形にシルエットが似ていることから、リンゴ型肥満と洋ナシ型肥満と言われます。

リンゴ型肥満と洋ナシ型肥満は脂肪の付き方が違うので、脂肪の落とし方にもそれぞれ効果的な方法があります。

リンゴ型肥満は、お腹の周辺に脂肪がつき、中年男性に多い太り方と言われています。リンゴ型肥満hくぁ、身体の他の部分にはあまり脂肪がついていないのに、内臓に脂肪がつきやすく生活習慣病など、病気の原因になるとされています。

洋ナシ型肥満は、下半身に脂肪がつきやすく、お尻や太ももといった部分に脂肪がついてしまい女性に多く見られると言われています。皮下脂肪が蓄積されているので、脂肪が凝り固まってセルライトになってしまうと、運動ではなかなか燃焼出来なくなってしまうので注意が必要です。

リンゴ型肥満の脂肪は、内臓周辺につきやすく蓄積されやすいのですが、運動や食事制限などで簡単に落とすことが可能です。体脂肪は有酸素運動で効果的に燃焼でき、食生活を改める事で、改善できます。

洋ナシ型肥満は、内臓脂肪に比べると落としにくく、分解されにくい脂肪です。運動や食事制限を継続的に行う事で除去が可能ですが、セルライトの場合は、専門的な除去を必要とする場合もあります。

Copyright (C) 痩身専科 All Rights Reserved