レーザー照射

美容整形・エステによる痩身

レーザー照射

レーザー照射は、皮下脂肪に直接レーザーを照射する事で、運動や食事制限では除去できない、過剰に蓄積した脂肪細胞も除去できる痩身方法です。

食事制限とは異なり、1回の治療によって脂肪細胞の数を大幅に減少することができ、患部を確実に痩身出来る方法です。即効性がある訳ではありませんが、1度レーザー照射を行うと数ヵ月後に効果が表れてきます。

レーザー照射で、融解された脂肪細胞は、血管やリンパ管に吸収されて、尿や汗等の老廃物として体外に排出される事で、痩身効果が現れます。単に脂肪除去で痩身を図るのではなく、身体のバランスを保ち、美しいボディラインを作る事ができるのが、レーザー照射です。

レーザーには3種類の波長があり、脂肪の厚さや質、また痩身したい箇所によって、波長を選択して照射し、皮下脂肪を溶かします。レーザー照射に使用される3種類のレーザーは、波長が短い止血効果に優れたものがあります。

この波長は、照射後の出血を抑えて、体への刺激を減らし回復を早める働きがあります。

逆に、波長の長いものは、脂肪を融解するレーザーと併用する事で、泡を脂肪細胞に発生させて、細胞壁の破壊する働きがあります。この働きで、厚い脂肪も大量に溶かすことができます。この2つの波長を組み合わせると、脂肪細胞融解効果を増長出来ます。

運動や食事制限では、脂肪細胞を小さくすることになりますが、数自体が減るわけではなく、リバウンドしてしまう可能性があります。レーザー照射では、脂肪細胞の数を直接減らしているので、リバウンドがなく確実な効果を得られるとされています。

スヴェンソン

Copyright (C) 痩身専科 All Rights Reserved